OAランド中古アーロンチェアの通販サイトアーロンチェアのご不明点やご質問はこちらまで

中古アーロンチェアの価格相場と購入前の注意点まとめ

みなさんこんにちわ。高機能チェアをこよなく愛するOAランドの自称高機能チェア博士のKです。合言葉は「ラブアーロン?イエス!ラブアーロン!」です。

OAランドでは中古アーロンチェアを不定期ではありますが大量に仕入れており、過去1000脚以上の中古アーロンチェアを検品・販売して参りました。

そこで今回は、アーロンチェアを中古で探すにあたり切っても切り離せない価格について、世間で中古アーロンチェアはどれくらいの価格相場なのか、そして中古で買う時のどんなポイントに注意すれば良いのか、私が調べた限りの情報をお伝えしたいと思います。ぜひ購入の参考にしていただければ幸いです。

販売店が徹底的に調べた中古アーロンチェアの価格相場

世間に出回っているほとんどの中古アーロンチェアは、「ポスチャーフィットモデル」と「ランバーサポートモデル」の2モデルが主流となっています。

状態やモデルにより倍ほど価格が違うものもあり、一口に中古アーロンチェアと言っても価格はピンキリです。購入する際にはご自身がどのモデルを購入しようとしているのか、またそのモデルは中古市場に出回っているのかを把握しておくと良いと思います。

それでは気になる中古アーロンチェアの価格相場をご紹介して参りましょう。

業者が調べ尽くした
中古アーロンチェアの価格相場まとめ

中古アーロンチェアの価格相場2018
ポスチャーフィットモデル ランバーサポートモデル
(フル装備)
ランバーサポートモデル
(スタンダード)
74,253
【最安】49,800円~99,800円
62,529
【最安】49,800円~79,800円
48,181
【最安】39,800円~65,000円

※上記の価格は2018年5月時点のものです。
※一般的な中古アーロンチェアの販売店の価格をベースにしており、個人が出品するオークションなどの情報は掲載しておりません。
※在庫状況などは加味しておらず、ネット上の情報や同業他社様からの情報をベースに作っております。
※最安商品には一部仕様の欠損や一部破損がある場合があります。

ポスチャーフィットモデルは玉数がとにかく少ない

アーロンチェアといえばこのポスチャーフィットモデルが大人気ですが、中古市場で見てみると実はあまり出物(玉数)は多くありません。世界300万人の愛用者がいると言われているアーロンチェア。やはり人気モデルは個人ユースで利用する場合では自分で使い続けているケースがほとんどでしょう。

オークションなどの個人売買サイトですら、数点見かける程度ですし、ショップで販売している側としても、大量入庫でない限りは早いスパンで売り切れてしまうため、もし中古で見かけたらチェックしておくことをオススメします。

●中古アーロンチェア – ポスチャーフィットモデル、100脚以上の大量入荷しました!

中古市場の主流はランバーサポートモデル

中古市場全体で見ると、圧倒的な在庫数が流通しているのはランバーサポートモデルです。価格もポスチャーフィットに比べると安く、スタンダードモデルに至っては5万円以下で購入できる可能性もあります。

ランバーサポートモデルは企業で大量導入されていることが多く、入れ替えのタイミングで一気に中古市場に出回るため、ある日突然様々なショップで入荷情報が入ったりします。

●39,800円+税・送料!中古アーロンチェア<ランバーサポートモデル>残りわずかです。

個人売買では業者相場よりも20%ほど安い

なお、価格相場を調べるにあたり、ネットで見られる個人売買の情報も見ておりましたが、点数こそ少ないものの平均すると約20%ほど安く販売されていることが分かりました。

私個人としては、中古アーロンチェア単体で考えると個人売買によるリスクはあまり無いと考えています。出品者情報や製品状態や条件をよく確認したうえで、掘出し物があれば検討しても良いと思っています。
(ご利用の際はくれぐれも個人の責任でお願いします(^^;)

中古アーロンチェアの市場は近年増加傾向?リマスタード版がカギを握る!

ちなみに中古アーロンチェアは、SNSなどの普及に合わせてその人気の高さが年々増加しています。 仕入れの価格も上がっているということもあり、ここ数年だけで見ると中古市場では相場価格が引き上がってきているのを肌で感じます。

しかし、2017年1月にアーロンチェアリマスタードが発売されました。実に20年もの歳月の後にリニューアルした新モデルです。リマスタードモデルが中古市場に出回ることはあと5~10年後になると思いますが、その頃には相場状況が大きく変わることが予想されます。

販売店が語る中古アーロンチェア購入時の注意点まとめ

価格の相場が分かったところで、次は中古品ならではの注意点をご案内いたします。特にTwitterやブログなどでも見かける12年の製品保証やパーツ単位のチェックポイントについても触れておりますので参考になさってみてください。(少々私見も入っておりますがそこはご愛嬌で(^^;)

中古アーロンチェアは「12年保証」が受けられません

この情報は数多くのブログなどでもご紹介されていますが、アーロンチェアを新品で購入すると12年もの長期保証が受けられますが、中古品(譲渡含む)や並行輸入品は保証適用外となります。

保証を受ける条件の一部として、

  • 正規販売代理店から直接購入された製品(新品)
  • 利用されているご購入者ご本人からの要望

ということがハーマンミラージャパンのホームページに記載されています。

品質保証の条件(一部抜粋)
*製品を譲渡した場合、品質保証は無くなります。(中古品および個人売買、またはネットオークション等で購入された方には品質保証は適用されません。) https://www.hermanmiller.co.jp/about-us/who-is-herman-miller/policies-and-legal-stuff/product-warranty.html

また、中古アーロンチェアはかなりの高確率で12年保証が切れたあとの製品が流通しています。それだけ利用されていたものでもあるので、次にご紹介するパーツレベルの劣化状況なども視野にいれておくと良いです。

中古アーロンチェアの劣化しやすいパーツを確認しましょう

OAランドの中古アーロンチェア販売サイトでも掲載しておりますが、劣化状況に加えて目に見える傷や摩耗などもつきやすい部分として、主に5ヶ所をチェックしておきましょう。

アーム付け根

アームの上下調節レバー付近は要注意。何度も椅子を引いたりしているうちに壁や棚にぶつけやすい部分です。白いすり傷が残るため目立ちます。汚れではなく傷なので、取り除くことは困難です。

アームパッド

アームパッドは使用頻度が高く、衣服のこすれでテカっていることがあります。状態は前オーナーにより大差ありますが、こちらもテカリを取り戻すのは困難なので、アームカバーなどを取り付ける方もいらっしゃいます。

座面&バナナクッション

張地のへたりは見た目や座った反動などを確認し、ゆるく感じるようであれば別のものも試してみましょう。座面前方にあるバナナクッションの劣化はクッションの下部をさわってポロポロ落ちないか確認しましょう。

脚部&キャスター

アームの付け根と同じく、ぶつかったりして白い傷などがよく見られます。中古品で脚部の状態が良いものはあまり見かけません。またキャスター自体にヒビ割れが無いかも確認しておきましょう。

ランバーサポート(ランバーサポートモデルのみ)

ランバーサポートは性質上、消耗しやすく、特に取り付け部分に亀裂が入ることがあります。動かしたり取り外すことができるので、一度手に取り確認してみましょう。

傷や劣化状況は利用者の使い方や体重、環境などにより大きく変わるため現物確認が一番良いです。が、ネット通販の場合は確認できないことの方が多いため、写真などで判断するしかありません。
また、「中古アーロンチェアの劣化状況を見抜く4つの方法」でチェックポイントをご紹介しておりますので、近くに中古アーロンチェアを販売しているお店があったら確認しておきましょう。

中古アーロンチェアには小中大と3サイズあります

あまり知られていませんが、アーロンチェアは「A・B・Cの3サイズ」が展開されており、その違いは主に座面の広さです。

  • Aサイズ(身長147~157cm/体重40~59kg)
  • Bサイズ(身長157~187cm/体重60~100kg)
  • Cサイズ(身長157~197cm/体重80~120kg)

日本の成人男性に一番適しているのはBサイズ、小柄な方や女性の方はAサイズ、大柄な方にはCサイズが適していると言われています。日本国内で流通している中古アーロンチェアのほとんどがAサイズかBサイズですが、まれにCサイズも入荷することがあります。

なお、個人の感想ですが、Bサイズでも男性が座ると意外と窮屈に感じることがあります。これは今まで利用していた椅子との兼ね合いも大きく影響しますので、座面が広い椅子が好きな方などは試座してフィット感を確認したほうが絶対いいです。女性では、一番小さなAサイズでも『固くて座りにくいうえにメッシュで寒い』という意見も実際耳にします。百聞は一見にしかず、という言葉もありますので、近くでアーロンチェアを展示しているお店をぜひ探してみてください。

ちなみに判別方法は、背もたれの取っ手部分に小さなポッチがあり、手を差し込んで触ると確認できます。「●●●」と最大3つ並んでいるとCサイズ。「●●」と2つならB、「●」と1つだけならAサイズです。

中古アーロンチェアは型番だけでは搭載機能が判別できません

アーロンチェアは型番のバリエーションがなんと数百通り以上!あるのはご存知ですか?

モデル・サイズだけでなく、張地やフレーム、アームの種類にキャスターなど、実は細かくカスタマイズできるため、型番もその分だけあります。

新品でも販売されている現行モデルであれば、Hermanmiller社のホームページで仕様が確認できますが、中古品は現在製造されていないようなモデルや海外専用モデル、一部の機能だけがないモデルなど、いわゆる「特別モデル」なども流通しています。

アーロンチェアは型番である程度の仕様が分かるようになっています。以下の画像をご覧ください。

型番の法則性には一部例外があったり時期により多少変わっていますが、大枠は上記のようなパーツの略号で構成されています。

構造体の機能はほとんど同じですが、カスタムの機能面は前傾チルト機能だけ無かったりアームパッドが動かない、製造時期により操作方法が違うなど、細かな違いがあります。これらの機能の違いを型番だけで判断することは困難です。

中古アーロンチェアの購入前には、できるなら必ず現物確認、難しいようであればスタッフに問い合わせをして、どんなモデルでどんな機能が搭載しているかを確認しておきましょう。

メーカーサイトや色々なサイトで既に紹介されていますが、アーロンチェアには10を超える機能(構造体+カスタム)が搭載されています。「中古アーロンチェアを買う時に役立つ機能の有無早見表」でもまとめていますので、初めてアーロンチェアをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

中古アーロンチェアの扱いに長けた販売店からの購入がオススメです

上記のような型番事情もあり、お店のスタッフでも分からないことが多数あるのが中古アーロンチェアです。

販売店の知識や検品体制によっては、上記のような微妙な型番の違いによる機能の有無や特徴、おおよその製造日などが分からないまま販売しているケースも少なくありません。

「フル装備かと思って購入したら、前傾チルトのレバーがない!」といったトラブルも耳にします。

せっかく憧れのアーロンオーナーへの第一歩を踏み出すのに、変なところから購入して失敗はしたくありませんよね。新品であればどの販売店から購入しても、サポートはメーカーが行うのであまり違いはありませんが、中古品を検討している場合は購入するお店の情報もしっかり調べたうえで購入することをオススメします。

(宣伝)ちなみにOAランドさんは1,000脚以上の検品・販売実績を持つ創業30年以上の業界でも老舗な店舗です。現在販売している中古アーロンチェアはこちらからお探しいただけます。

中古アーロンチェアを購入するメリット・デメリット

最後に「なんか中古品買うのは怖いなぁ」と思った方に、中古アーロンチェアのメリット・デメリットを簡単にまとめました。

中古アーロンチェア購入のメリット

  • お手軽価格でアーロンオーナーになれます。
  • 状態が良いものはかなり良いので見た感じ新品に見えます。
  • 大体のお店で綺麗に磨いてあります。
  • 企業で複数脚導入する時に大幅なコスト削減が見込めます。
  • 新品では買えないモデルが買えます。

なんと言っても「価格が安い」ということが最大のメリットですね。定価17万円ほどを基準に考えると50%~80%OFF程度で入手できるコストメリットは大きいです。個人で購入するのは当然として、法人で複数脚購入したときには非常に大きなメリットです。

さらに、12年保証を可能にした高い耐久性も手伝って、中古品でも状態良品が多く存在すること。試しに検索してみていただくとよく分かりますが、アーロンチェアが壊れた報告というのはすごく少ないです。

中古アーロンチェア購入のデメリット

  • 12年保証がつきません。
  • 落ちない傷や汚れ、座面のほつれが大体あります。
  • シリンダーが大体劣化しています。
  • アームが結構テカってます。
  • 欲しいモデルが売ってない場合があります。
  • 自分では意図しないモデルを購入してしまう場合があります。
  • 送料が意外と高いです。

最大のデメリットはやはり注目度の高い12年保証がきかないことですね。中古品はもちろん、どこぞで売ってるかわからない並行輸入品もアウトですのでご注意を(新品なら必ず正規販売店で購入しましょう)。

また、前オーナーが分からないため、利用状況によるペリクルの劣化ガスシリンダー部分の劣化の可能性があることは十分注意しておきたいポイントです。

価格面でも本体代金が安く買える反面、意外と高額な送料にも注意しましょう。近郊でも3,000円~5,000円、地域によっては万円単位までいく場合も。持ち帰り可能なお店なら持ち帰った方が安くすみます。

中古アーロンチェアの掘出し物を探そう!

今や個人売買まで含めると、中古アーロンチェアは意外なほど簡単に入手可能です。しかしチェアは星の数ほどの種類・ブランドが存在します。

アーロンチェアが椅子の王様と呼ばれていても、実際は個人差がありフィットしない方ももちろんいます。初めてアーロンチェアを購入しようと考えている方は、ぜひ最寄りのショールームでアーロンチェアだけでなく他の椅子と座り比べたうえでご検討いただくことを強く推奨します。

その上でアーロンチェアの中古品を選ぶ時は、この記事をぜひ参考にしていただき相場よりもお得で状態の良い掘出し物を探してみましょう。見つけた時は、新品以上に愛着の沸く一生想い出に残る忘れられない一脚になると思います。

それでは皆さま、良いアーロンライフを!(ラブアーロン?イエス!ラブアーロン!)

中古アーロンチェアはOAランド全国店舗で
ご購入いただけます。

創業30年を超えるOA業界老舗店のOAランドは、新品中古のOA機器、オフィス用品を専門的に取扱うお店です。全国のショールームでは中古アーロンチェアをはじめとした高機能チェアを多数展示しており、予約不要で自由に試座することが可能です。個人・法人問わずご購入いただけますのでぜひお気軽にご来店ください。

OAランドの中古アーロンチェアを
今すぐWEBでチェックする

中古アーロンチェアの購入に役立つ他の記事

このページの先頭へ